教育方針

校長 長島 勝彦

夢に向かって志高く

  • 仙台第二高校のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
     
     本校は明治33年(1900年)に,県民の大きな期待のもと,本県のみならず日本のリーダーとして活躍できる有為な人材の育成を期して宮城県第二中学校として創設されました。その後校舎の移転など様々な変遷を遂げながら,昭和3年(1928年)に第五代校長河合絹吉先生の英明な判断と並々ならぬご努力により自然豊かなこの川内の地に移転し,昭和23年の学制改革により現在の「宮城県仙台第二高等学校」となりました。
     百有余年の歴史を重ね,幾多の変遷を経てきた本校ですが,そのような中でも本校が目指す生徒像が変わることはありませんでした。校旗や校章にある八光鋒は,「正義」「自由」「剛健」「質実」「平和」「友愛」「協同」「自治」の八徳を示し,これらを学校の精神的な柱としながら,常に理想を求めて着実に歩みを重ねてきました。
     広瀬川の清流とともに西には青葉山と一体化した青葉城趾,美術館,さらには東北大学など,まさに「杜の都仙台」「学都仙台」を象徴するような素晴らしい環境に包まれ,約1千名の生徒一人一人が自主・自律の意味を理解し,その精神を大切にしながら,自由な校風の中で充実した学校生活を送っています。
     これまで,本校で学ばれた3万人を超える同窓生の皆さんは,県内はもちろん全国各地で,さらには世界の様々な分野で活躍され,幾多の輝かしい業績を残されています。これらの伝統を継承,発展させながら,高い志を持ち,柔軟な発想,広い視野,優れた見識を身につけた有為な人材を育成していくことが本校の使命でもあると考えています。
     本校は「至誠業に励み 雄大剛健の風を養い ともに敬愛切磋を怠らず」を教育目標としています。真摯に学業に向き合いながら心と身体を鍛え,21世紀を力強く生き抜く逞しい力を持った人間を育て,さらには優れた資質能力を持った多くの学友とともに,互いに尊重し合い,高め合い,自分自身を磨き続ける中で,豊かな人間性が身につけられるよう,日々積極的な教育活動を進めています。
    さらに本校は、大先輩である柔道家三船久藏十段が唱えた「文武一道」の精神を心の拠り所として大切にしています。「文」すなわち学問に意欲的に取り組むとともに、「武」としての部活動や学校行事などにおいても、失敗を恐れず果敢に挑戦する強い意志と自覚を求めています。いずれの道も、極めようと真剣に取り組む時の厳しさにおいては同じであり、文にも武にも偏ってはならないということですが,多くの生徒がそれぞれ自分自身の「文武一道」を追い求め,日々努力を続けています。もちろん思い描いた通りには進まず,時には様々な壁にぶつかり思い悩むこともありますが,困難に立ち向かうことで新しい自分,まだ見ぬ自分に出会うことができます。これからも二高の教職員は志高く夢や目標に向かって頑張る生徒を一丸となって応援し続けていきます。
     今後も全国に比肩する進学校として,これまでの伝統の上にさらに新たな歩みを重ねていきますので,今後も本校の教育活動にご理解,ご支援をよろしくお願いいたします。また,新たな力で二高の歴史に次の1ページを書き加えてくれる志の高い中学生の皆さんの入学を心待ちにしています。

 


学校経営方針

 

 

沿 革

  •  年号   西暦 月  沿革
    明治33年 1900 4月  宮城県第二中学校として創設(南町仮校舎及び清水小路一中分校校舎を使用)
    明治35年 1902 10月  北六番丁校舎竣工移転
    明治37年 1904 6月  宮城県立仙台第二中学校と改称
    大正2年 1913 4月  生徒定員650名となる
    大正8年 1919 11月  宮城県仙台第二中学校と改称
    大正12年 1923 4月  生徒定員1000名となる。
    昭和 3年 1928 11月  現在の校地に校舎移転
    昭和23年 1948 4月  学制改革により宮城県仙台第二高等学校と改称、生徒定員900名となる。
    昭和30年 1955 4月  生徒定員1050名となる。
    昭和38年 1963 4月  生徒定員1200名となる。
    昭和48年 1973 4月  生徒定員1080名となる。
    昭和59年 1984 10月  新校舎落成記念式
    昭和63年 1988 4月  第一学年一学級増(9学級)
    平成2年 1990 10月  創立90周年。ノーベル賞フォーラム開催
    平成4年 1992 4月  第一学年一学級減(8学級)
    平成12年 2000 10月  創立100周年を祝う。
    平成13年 2001 10月  百周年記念館 「北陵館」落成
    平成15年 2003 10月  新体育館竣工
    平成17年 2005 3月  新テニスコート竣工
    平成19年 2007 4月  男女共学
    平成22年 2010 10月  創立110周年。記念式典開催。
  •  

校 章

  • 校章のいわれ
  • 原型が制定されたのは明治35年といわれる。
    当時の校章の八光鋒は「正義」「自由」「剛健」「質実」「平和」「友愛」「協同」「自治」の八徳を象徴するものといわれる。
    のち、まん中に中学校の「中」の字が置かれ、更に新学制になって「高」の字にかわり、現在の校章となった。
目標イメージ

  現在の仙台第二高等学校 校章


 

校 訓

  • 教育基本法に則り、伝統を重んじ、次の項を教育目標としています。

    ~ 至誠業に励み 雄大剛健の風を養い ともに敬愛切磋を怠らず ~
  •  

校 歌

 

在籍生徒数

  • 普通科 学年8クラス 
    • 1年   323名  男子194名、女子129名
    • 2年   320名  男子195名、女子125名
    • 3年   321名  男子197名、女子124名
    • 合計  964名  男子586名、女子378名